Hatena::Grouprekken

murawaki の雑記

2015-06-14

Social Mobility in Japan, 1868-2012: The Surprising Persistence of the Samurai

Gregory Clark, Tatsuya Ishii. Social Mobility in Japan, 1868-2012: The Surprising Persistence of the Samurai. manuscript. 2012. (pdf).

社会的流動性の調査に希少な名字を用いる一連の研究の一部で、この手法を日本のデータに適用したもの。結果として以下の 2 つを主張する。(1) 社会のエリート層において、武士 (侍) の子孫は高い相対出現率を持つ (つまり、人口の割に大きな数を占めている)、(2) しかも、世代間で高い rate で維持されている (つまり、流動性が低い)。手法はともかく、データの扱いに引っかかるところがあったので調べみた。

背景

第一著者の Gregory Clark が 2014 年に The Son Also Rises: Surnames and the History of Social Mobility というふざけた題名のモノグラフを出している (未読)。問題の論文は、この本の background working papers の一つと位置づけられている。査読を経ていない様子。この分野の慣行を知らないが、それでいいのか?

2014 年の出版直後にメディアに取り上げられていた。日本については Wall Street Journal のブログ記事が話題にし、その日本語訳*1 が日本でも若干の注目を浴びた様子。私もこの時期にこの研究の存在を認識したが、それ以上深追いはしなかった。2015 年 5 月にモノグラフの日本語訳が『格差の世界経済史』という題名で出版され (未読)、その書評を目にした。気まぐれで、今回は少し調べてみることにした。そうすると、問題の working paper が見つかった。本自体は未読だが、論文が self-contained なので問題なかろう。

この論文は何をしたか

論文は武士と華族の 2 種類を対象としているが、この雑記では華族の部分は飛ばす。華族は雲の上すぎるし数が少なすぎる。まず武士の名字の一覧を得る。次に、その中から希少な名字の集合を選ぶ。希少な名字であれば、(近似的ではあるが) 複数世代にまたがって容易に追跡調査できるという仮定に基づいている。*2 この一群が日本の人口に占める割合が計算できる。次に、社会のエリート層 (医学研究者弁護士、大学教授等) の名字のデータベースを得る。各データベースにおいて、問題の希少な名字の一群が占める割合が計算できる。人口に占める割合と、エリート層における割合を比較する。その結果、後者が3倍弱から6倍強という数値が得られた。つまり、この一群は、エリート層において人口の割に大きな数を占めていることになる。

ここまでで得られたのは、現代のある時点での状態。次に、長期的な動態を調べる。論文が着目したのは Google Scholar で得られる著者ごとの論文件数。論文であれば、1900 年から 2012 年までと長期的な調査ができる。希少な名字の一群は良いとして、あらゆる日本の人名を Google Scholar に投げるわけにはいかない。そこで、一般的な名字群との比較を行っている。結果、両者の割合の比は 20 世紀初頭には 12 程度あったが、長期低落傾向にあり、20 世紀の終わりには (図 6 の目測では) 5 前後まで下がっている。21 世紀に入ってからまた上がって 8 前後になっているけど、これが新たな傾向を表しているのかは不明。

結論として、日本の社会的流動性はいままで思われてきたよりもずっと低いと主張している。

データの怪しさ

武士の名字の一覧として『寛政重修諸家譜』(1812) を用いている。これは大名や旗本の家譜を幕府が編纂したもの。『寛政重修諸家譜』は国会図書館電子的に公開されているが、索引がないと使い物にならない。論文は、高柳光寿、岡山泰四、斎木一馬による本文 22 巻 + 索引 4 巻 + 別巻 2 巻を参照している。論文は、if the descendants of the Samurai constitute 5% of the modern Japanese population, then they could still constitute anywhere from 20 to 50% of modern Japanese elites といった議論を展開しているが、その前提として、データが武士を代表していなければならない。ここで最初の疑問がでてくる。Q1: 『寛政重修諸家譜』が武士を代表しているという前提は正しいか? この文献は幕府と直接関係を持つ者だけを対象としており、大名の家臣は扱わない。つまり、今回の結果から、例えば「地方の名家」について妄想しても無意味ではないか。

名字の希少性の判定には PublicProfiler worldnames を用いている。脚注 5 によると電話帳に基づくという。このデータベース信頼性はよくわからないが、先に進む。論文の希少な名字の基準は、frequency per million (FPM) of 10 or under である。*3日本の人口が約 1 億とすると、ざっと 1,000 人以下。1,000 人もいたら、武士の子孫以外も結構混じっていそう。この点も深追いはしない。とりあえず抑えておくべきは、希少性判定は漢字ではなくローマ字で行っていること。

表 A2 に (希少な) 武士の名字が列挙してある。抜粋とは書かれていないので、これで全部なのだろう。表には聞いたこともない名字が並んでいる。Doki 土岐、Domono 伴野、Efuji 江藤などは怪しい。Q2: 本当にこのローマ字表記で正しいか? 基本的にはアルファベット順に並べられている。しかし、Zakoji 座光寺のあとに Urushizaki 漆崎が来て、順番が崩れている。特別な理由はなさそうである。雑な処理をしたのではないかという疑いが湧いてくる。さらに謎なのは、Urushizaki のあとに一行あけて、A に戻っている。Aburanokoji 油小路をはじめ、公家っぽい名字が並んでいる。Ie 伊江、Nakijin 今帰仁沖縄の尚家であって、明らかに武士ではない。Isahaya 諫早や Tanegashima 種子島は大名家家老、つまり陪臣。どうやら明治以降の華族を武士に追加したみたい。論文にはそんな手順は書かれていない。疑惑が深まる。Q3: 本当に『寛政重修諸家譜』だけが出典なのか?

調査

Q1-3 に答えるために『寛政重修諸家譜』を自分で調べてみた。調べたのは論文と同じく、高柳他の刊本。索引 1 の「姓氏 (家名) 索引」で、名字を探し、該当する本文を確認する。

とりあえず表 A2 の先頭、Aichi から Enokishita までの 18 個をすべて調べた。『寛政重修諸家譜』には読みが振ってあった。*4 例えば、Amau 天羽は「あまう」、Efuji 江藤は「えふぢ」。いい加減に読みを推定したのではなく、原文に基づいている様子。問題の Doki 土岐は、第 5 巻と第 19 巻に掲載されていた。前者は有名な美濃源氏土岐氏で、読みは「とき」。後者はよく分からない医者で、読みは「どき」。Toki の方は FPM が 24.94 なので無視したのだろう。Domono 伴野も同様に、「どもの」と「ともの」の 2 系統あった。しかし間違いもあった。Chikuhisa 知久は「ちく」が正しい。論文FPM 0.04 (ヒットなし) としているが、Chiku だと FPM が 38.01 なので希少ではない。

先頭 18 個以外は目についたところだけを調べる。Fukuzue 福富は「ふくづみ」なので誤り。Kahara 河原はいずれの系統も「かはら」なので正しい。Kizuregawa 喜連川は「きつれがは」なので誤り。

ということで Q2 は片付いた。A2: 読みは基本的には正しいが、ところどころ誤っている。誤りの結果への影響はおそらく大きくないけど、信頼性に関わる。

続いて Q3 にいく。表 A2 の後半の華族っぽい名字は『寛政重修諸家譜』に載っているのか。Aburanokoji 油小路から Bojo 坊城までの 8 個を調べてみた。結果、索引に載っていたのは Anbe 安部の 1 個だけ。あと、Tanegashima 種子島も載っていなかった。由緒正しい家系だけど、江戸時代には薩摩藩家老をやっていたので無視されたらしい。A3: 『寛政重修諸家譜』にない名字も混ぜてしまっている。そういうのやめてほしい。

最後に Q1 にかかる。Aichi から Enokishita までの 18 個の本文を読むと、いずれも幕臣*5それも結構身分が低い。御徒から始まって多少は出世した、ぐらいのレベル。道理で聞いたことのない名字ばかりである。全体を見ると、Hitotsuyanagi 一柳が大名、喜連川 (きつれがわ) が大名扱い、Takatsukasa 鷹司 (松平) が大名だが、他は身分が低め。ピラミッド型の身分制度だから集めると下位層が大半を占めるのは自然な結果。だとすると、華族のように最上位層だけを抽出しているわけではないことになる。この点では武士を代表しているかもしれない。

しかし、調査対象の大半が江戸に住んでいる。これは強烈なバイアスになっている可能性がある。やはり、このデータは人口の 5% からのサンプルとしては不適切ではないか。社会階層とは別の解釈として、都市と地方の対立が考えられる。つまり、古くからの東京の住人が、全国平均と比較して、東京に集中しやすい職業につく傾向があるということを意味している可能性を排除できていない。ということで、A1: 『寛政重修諸家譜』は武士を代表していない可能性が高い。

結論

データ処理に粗雑なところがあって信頼性にやや疑問が残る。おそらく結果自体に大きな影響はないけど。より重大なのは、結果の解釈、あるいはそもそもの問題設定にデータが合致しているかが怪しいこと。

希少な武士の名字が都市に集中しているかは検証できると思う。名字の市町村レベルの件数を出すサイト (ただし、読みではなく漢字だけど) があるから。ネタは提供したので、誰かやってくれないかな。

*1:コメント欄があいかわらず残念なことになっている。

*2:「希少な名字ならば武士」というアホな仮定をしているわけではない。希少な名字が社会的に有利あるいは不利といった仮定をしているわけでもない。反対に、希少な名字の一群から得られた結果が母集団全体に当てはまると仮定している。

*3:私の名字の場合 FPM が 2.49 で、希少と判定される。

*4:これは国会図書館本でも確認できる。

*5「とき」と読む希少ではない方の土岐氏は大名。一応。