Hatena::Grouprekken

murawaki の雑記

2010-03-14

Life with Mac

計算機歴約15年ではじめての MacApple 製品自体が QuickTime 以外では多分はじめて。しばらく放置していた MacBook Pro の設定を始める。現実逃避。

まだ慣れない。余った予算で買ったわけだが、やっぱり自分で金を出さないと信者になりそうにない。今までと違う慣れない状態になったとき、拒絶反応を起こしてしまう。何しろ、Windows 7 になっても速攻でテーマをクラッシックに変えてしまうぐらい保守的。客観的な良さとは関係のないバイアス

慣れと言えば、結構 GNU に染められているのに気付く。コマンドのオプションが BSD 式で違和感があったり。高校生の頃にちょっと FreeBSD と NetBSD を触っていたはずだが、すっかり忘れている。

トラックパッドに慣れない。トラックポイント大好き人間にはつらい。マルチタッチはいい感じ。

Firefox

使い慣れた Firefoxインストール。さようなら Safari。また気が向いたら戻ってくるかもしれない。この雑記も MacFirefox から書いている。はやく It's All Text を入れて Emacs 上で編集できるようにしないとストレスがたまる。はてなはどうしてこうも気安くフォームデータをクリアするのか。

MacPorts

とりあえず git が必要。UNIX 系のツールをインストールする場合、Fink とか MacPorts とかがあるらしい。とりあえず MacPorts を試してみる。この選択が良かったかは分からない。

デフォルトの設定で /opt にインストールされる。Solaris を思い出す。

Xcode

port で gitインストールしようとしたら make がないと怒られる。Mac デフォルトでは開発ツールが入っていない。

XcodeインストールApple がいろいろ聞いてくる。この閉鎖性は好きになれない。

git

sudo port install git-core +svn +bash_completion

依存関係にあるパッケージ、perl とかを自動的に取ってくる。

git init に成功。pull, commit, push も。日本語ファイル名を撲滅しておくと平和。

emacs

/usr/bin に emacs が入っている。しかし emacs -nw じゃないと起動しない。

MacPorts から emacs-app のインストールに失敗。emacs-app-devel なら通った。なんとかやっていけそうな気がしてきた。

Firefox に It's All Text! を入れた。editor として指定する emacsclient は

/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin/emacsclient

バックスラッシュを入力したいのに円記号が出てくる問題。半角の円に用はないのでキーを置換。

(define-key global-map [?¥] "\\")
(define-key global-map [?\C-¥] [?\C-\\])
(define-key global-map [?\M-¥] [?\M-\\])
(define-key global-map [?\C-\M-¥] [?\C-\M-\\])
(define-key function-key-map [?¥] "\\")
(define-key function-key-map [?\C-¥] [?\C-\\])
(define-key function-key-map [?\M-¥] [?\M-\\])
(define-key function-key-map [?\C-\M-¥] [?\C-\M-\\])

しかし、この emacs は X11 の上で動いていないらしい。X11 forwarding を有効にして Mac にログインして Emacs を起動すると、手元ではなく Mac 側で起動してしまう。

gmake

自分でビルドするのに必要な GNU のツール一式。port で取ってくると gmake, glibtool など g がつく。しかし、UNIX のプログラムをビルドするときはほぼかならず GNU。いちいち Makefile をいじるのは面倒。

PATH のなかで優先度の高い home の bin に make から gmake への symbolic link を作成。これで困ることはまずなさそう。

CPAN

~/.cpan にディレクトリがあったと思ったのに、いつの間にか ~/Library/Application Support/.cpan が使われるようになった。

Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac 2.0.1

Windows の Remote Desktop に Mac からアクセスできる。全画面表示すると見た目完全に Windows。一部のキーが Mac 側で捕捉されてしまって使えない。

Office 2004

Mac の Microsoft Office。手元にあったのは 2008 ではなく 2004。インストールはできたが、XML 形式に対応していない。

Open XML File Format Converter for Mac 1.0.2 を取ってきて入れる。これで XML 形式でも一応読めるようになった。しかし透過的には扱えない。pptx ファイルがあると、一度 ppt ファイルを作ってから、その ppt ファイルを PowerPoint で開くことになる。不便。